FC2ブログ

Senta.

王子を捕獲する前に女王様化してしまったさいこちゃん いや、さいこ様とお呼び

2019-09

民俗資料館はこうじゃなきゃ

高知県の話題が頻繁に登場しておりますが
これはまた全然別の日のお話
どんだけ高知に行ってんだって話ですが
この日は行く予定だったわけではなく
家を出て なんか急遽ここへ行くことに


      歴民1
         イケメンと話題の長宗我部元親の脇の下


       高知県立歴史民俗資料館

      歴民2
      
   人気は受付すぐの長宗我部の歴史コーナーでしょうね

      歴民3
       このフロアは撮影可能なのはココだけ
       元親の陣営の気分をなんとなく味わうことが出来る


  ・・・のですが
  私的には3階の総合展示室が楽しい
  考古学時代から民俗学までいろんな分野が楽しめる

  元親の居城岡豊城跡に建てられてるので
  当然高知の英雄長宗我部元親の関連の展示があるのだけど
  民族資料館と言う以上 こっちも重要

  小さな民族資料館だと農耕器具とかばかり展示してるけど
  ここはそうじゃない
  人々の暮らしを伝える重要な思想的なものもある

           歴民4
    《 死者を送る 》 という言葉だけ聞くと恐ろしそうだけど
    日本に限らず世界中の人々は
    常に死という物を意識して生活しています
    宗教も最終的な目的は
    どのように死後を迎えるか、ということ


      歴民5


   あと昔々 人間の生活には欠かせなかった
   妖怪との関わり
           歴民6
       ゲゲゲの鬼太郎とか妖怪ウォッチとかの話じゃなく
       妖怪は必要とされて生まれてきたもの
       そして人の生活にしっかり根付いていきました

           おおっ これはっ          

        土佐お化け草紙
      歴民7

       これ 原本は個人宅に伝わる絵巻
       高知が舞台の全16話の妖怪譚
       民間伝承なども取り込まれた非常に珍しいもの

       
      歴民8
        子供の夜伽に使われてたとか
        それもわざわざ描かせて
 

      歴民9
 
        高知の有名処の妖怪たち
      歴民10

 

      歴民11
        妖怪との付き合い方もバッチリ
          やるな 高知県民



     そして絶対に外せない いざなぎ流の展示
      歴民12

    独自の文化や民間信仰が根強く残る地域
    何でもかんでも近代化や合理化が進む中でも
    決してなくなることがないのは
    頭の固い科学者では補えないもの
    頭でっかちな技術者では役立たずなことが
    この世にはいっぱいあるからかもしれません


    ぶろぐ村ランキングさいこ   FC2さいこ


      こういうお話書くの楽しいわ~~~~~

      歴民13
         読み手がどうかは別として


 
スポンサーサイト



コメント

民俗資料館に妖怪かっ!
草紙に書かれている妖怪はコミカルだね
テレビでこまどり姉妹が座敷わらしが出る宿に
泊まって夜中、光の点が動いてたのを見て
よりいっそう、長生きするだろうなぁ~っと思ったよ
身近に不思議な事ってあるよね(^^;)

こんばんは~
おっと!「れきみん」ですね。私はそこは館内に入ったことないのですよね(汗)
館内以外はさらっと見物したことあります。以前は作りものでしたが「櫓」というのがあってそこで景色を一望したなぁ~

>常に死という物を意識して生活しています
私ももしこちらのブログコメで失礼なことを
言ってしまったらそのような生活になるでしょう!
今のところは全くもってその心配は無いですけどね。

この葉 sama

>草紙に書かれている妖怪はコミカルだね

妖怪絵って意外とコミカルなもの多いんだよ
何処となく愛嬌があるし

座敷わらしが出る宿人気みたいだね
逢ってみたいなぁ

>身近に不思議な事ってあるよね

面白いよね~(=^▽^=)

sensuidiver さま

>私はそこは館内に入ったことないのですよね

企画展とかあるときでも機会があったら行ってみてください
面白いですよ
私は外回りを行ったことがないんですよ
岡豊城跡行きたいな~とは思ってるんだけど
雨だったり暑かったり ← 根性なし

>以前は作りものでしたが「櫓」というのがあって

今もあるのかなぁ
展望台代わりの櫓かもしれませんね

ボスプル sama

何を中学生みたいなこと言ってんですか
誰もが産まれた地点から死に向かって歩き始めてるんですよ

>私ももしこちらのブログコメで失礼なことを言ってしまったら

そのような生活どころか
そんな暇は与えられません

>今のところは全くもってその心配は無いですけどね

へぇぇぇ(=①ω①=)ニヤニヤ

また違うかもしれませんけど、各地のお葬式の違いとか
昔のやり方とか、そんなのは興味ありますよ。
以前、五色台の歴史資料館でそんなのをやっていた時に
見たかったです。

高知の暦民館では、やはり妖怪といざなぎ流のコーナーが一番インパクトがありますね。

>妖怪は必要とされて生まれてきたもの
そして人の生活にしっかり根付いていきました

川の深みに人を引っ張り込むというエンコウの話、10歳ころまで信じていました。南国市前浜のエンコウ祭りは、今でも6月第1土曜日に毎年やっていますよ。

岡豊城址の櫓はこの春撤去されました。展望が良かっただけに残念です。

カワイ sama

>また違うかもしれませんけど

おっしゃってることよく解りますよ
四国内でも高知と香川は違うし
関西圏でも大阪と京都でも違ってましたから
「へぇぇぇ」って思うことありますもんね
そういうのっていきなりそうなったわけじゃなく
それまでの歴史がありますから

>以前、五色台の歴史資料館でそんなのをやっていた時に
>見たかったです

企画展であったりするから
機会があれば見に行きたいです

なんこくまほら sama

>高知の暦民館では、やはり妖怪といざなぎ流のコーナーが一番インパクトがありますね

ですよね(=^・^=)
こういう民間信仰っていうのは
民俗学ではすごく重要な位置づけだと思うので
今もリアルに伝わってるのはすごいです

>エンコウの話、10歳ころまで信じていました

私は山姥を信じてました
妖怪伝承の思うツボってヤツです

>南国市前浜のエンコウ祭りは、今でも6月第1土曜日に毎年やっていますよ。

徳島の6月第1日曜日は第九演奏会と同じ並びでインプットすべき情報∑(=゚ω゚=;)
一度行ってみたいです

>この世にはいっぱいあるからかもしれません
私も妖怪は信じていませんでしたがこちらで
さいこちゃんの本性を知って考えは変わりました!
>妖怪は必要とされて生まれてきたもの
悪いことは何でも妖怪のせいにする為にですね。
って昨夜見た「来る」で言ってました!
実際に祓いの儀式って見てみたいです。
胡散臭いのではなく本物をね(^^)/

ボスプル sama

>さいこちゃんの本性を知って考えは変わりました!

ちょっとおかしいですね
本性じゃなくて正体じゃないですか?

>>妖怪は必要とされて生まれてきたもの
>悪いことは何でも妖怪のせいにする為にですね。
>って昨夜見た「来る」で言ってました!

「来る」が何か分かりませんが
妖怪のせいにすること自体にも
理由は1つじゃないのです
そしてそれによって救われることもあるのです

>実際に祓いの儀式って見てみたいです。
>胡散臭いのではなく本物をね(^^)/

祓いの儀式ってのは
何も悪霊や憑物とは限りません
神社なんかでほぼ毎日行われていることが
祓いの儀式です
厄払いや大祓いの儀もすべて本物です
悪霊を祓うのを見てみたければ
とりあえず憑かれるとこから始めてみてはいかがでしょう

>「来る」が何か分かりませんが
妖怪ぼぎわんが来るですよ!
まぁ分かりやすく例えて言うと姐さんの彼氏が家で
姐さんが訪れるのを待ってる心境を描いたものです。
想像しただけでも・・・(@_@;)ギ
>とりあえず憑かれるとこから始めてみてはいかがでしょう
v-282族なので疲れることはあっても憑かれることはないのです。

ほんとそうですね 宗教の最終的な目的や、昔から妖怪との関わりなど、人間の思想には昔から欠かせない事ですね
高知県にこのような妖怪に詳しい博物館があるんですね 昔の人の死後の世界の思いや考えが、よく分かりそうですね

ボスプル sama

あぁ映画の話でしたか

>姐さんの彼氏が家で姐さんが訪れるのを待ってる心境

〇時に行くとか言いながら
実際何時に来るかわからないっての待ってる感じですか

>想像しただけでも・・・(@_@;)ギ

来るのを待ってるより
待ってないのに来る方が恐ろしくないですか?( ̄ー ̄)行かんけど

>v-282族なので疲れることはあっても憑かれることはないのです

天使疲れちゃダメでしょう

とっつぁん sama

>高知県にこのような妖怪に詳しい博物館があるんですね 

詳しいってこともないんだろうけど
民俗学の一部としてきちんと取り上げてる所は少ないかもしれませんね
妖怪は民俗学とも言えるし世俗学とも言える
どっちつかずの部分もあるし
でも大切なことですよね

怪しい宗教は現世の不幸を取り祓ってやるよ的だけど
昔から続いてるものは死後の世界の救いがメインですからね
妖怪のこともそうだけど
言葉の通じない文化や生活スタイルも違うどこの国でも
宗教も霊的な物も必ずあるってのは
人間の根本的な物が同じだからなんでしょうね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |