FC2ブログ

Senta.

王子を捕獲する前に女王様化してしまったさいこちゃん いや、さいこ様とお呼び

2019-12

風が香る島

春季の瀬戸ゲイで初めて大島を訪れました

     大島1
     朝一の船だったのですが
     他の島へ行く船と違って 1時間も前に行かなくても大丈夫だった
  
   
     大島2
     夏季会期がもうすぐ始まるので
     慌てて写真整理をしたのですが
     この大島は 他の島のような浮かれた雰囲気はありません
     まず訪れる前に 島の歴史を知っておく必要があります


     屋島の合戦で敗れた平氏の人々のお墓が作られた島
     ・・・というそこまで古い話は今回は置いておいて

     大島3
       ハンセン病の国立療養所大島青松園がある場所
       そもそも島全体が療養所です

  恥ずかしい話ですが
  大島行きを決める前までハンセン病というものを知りませんでした
  当然迫害された人たちのことも悲しい歴史も知りません
  ケンsanから 巻き上げた 送って貰った公式本や
  瀬戸ゲイHPを見て大島だけ特記してる部分があって
  その病気のことを知り
  訪れる前日にテレビで元患者さんたちの話を聞いて理解したという


     大島4
       船を降りると目に留まる建物 
       まずはそこを目指します


     大島5
       納骨堂です
       当時家族に縁を切られて島へ渡った人たちも多く
       亡くなられても引き取り手がないこともあったとか
     

     大島6
       納骨堂が建てられるまでの間に亡くなった方の
       お骨が収められた石碑や
       島内で結婚しても出産が許されなかったため
       中絶が強制されこの世に生を受けられなかった
       赤ちゃんのための慰霊碑


     大島7
        入所者は心の拠り所とするために
        それぞれ宗教に属していました
        宗教地区と呼ばれる場所には
        いろいろな宗教施設があったようです


     大島8



     大島9

     

     大島10
       火葬場横にあるモニュメント 《 風の舞 》
       中には火葬し納骨した後の残骨が納められている


     大島16
     解剖台
     療養所に入所するとき
     遺体を解剖することを承諾を求められていたとういう
     この解剖台は解剖室を解体した時西海岸へ捨てられていたのを
     2010年の瀬戸ゲイ開催直前に発見されたそう

     大島11
        ここで亡くなった方のご冥福と
        今もここで暮らす人の幸せを願って
        火葬場入口に立つ観音様

      ハンセン病は不治の病ではありません
      風邪よりも感染力が弱く 飲み薬で完治します
      かつては治療薬がなかったことや
      治療が遅れると麻痺や変形が起ったりしたことから
      隔離され 言われのない迫害を受けていた
      それがつい20年少し前まで続いていたなんて


     大島12
      今もここで暮らす人々は
      病気は完治しながらもその後遺症の抱えていたり
      高齢になってしまったため という方だそう


     大島13
       とても静かで美しい島です
       瀬戸ゲイが盛り上がるのは結構なことなんだけど
       マナーを守って鑑賞してください


     大島14
       ホントにね 海がめちゃくちゃ綺麗



    ぶろぐ村ランキングさいこ   FC2さいこ


     大島15





スポンサーサイト



コメント

今日はお笑いブロガーさんだというのを忘れれる真面目な記事ですね。
ハンセン病って名前は何度も聞いたことがありますが
詳しいことは全くもって皆無です。
ほとんどの人が病気に対する無知や誤解で偏見や差別が
生まれてしまってるのが現状でしょう。
治療法が確立して完治すると分かってもう長い年月がたってる
現在でも未だに偏見や差別があるのは悲しいことですよ。

へー大島ですか。
一生渡ることはないかなあ。
ウチの息子が学校の行事で行ったようです。
ハンセン病の歴史は悲しい歴史ですね。

ボスプル sama

>今日はお笑いブロガーさんだというのを忘れれる真面目な記事ですね。

何言ってるんですか
私はいつも超絶真面目に書いてますよ
ウケなんて狙ってませんから

>詳しいことは全くもって皆無です。

お笑いの勉強ばかりしてないで(しかも素質ない)
ちゃんと私から学んでくださいよ

>治療法が確立して完治すると分かってもう長い年月がたってる
>現在でも未だに偏見や差別があるのは悲しいことですよ。

未だ偏見を持ってる人がいることが不思議でしょうがないですね
たとえ治療法がなくても感染しないよう注意や対処をすることはあっても
それが偏見を持っていい差別していい理由にはなりません

ハンセン病の家族も差別にあって裁判を
していましたよね?遅すぎるけど
もののけ姫にもハンセン病の人達が描かれて
いて、ハンセン病に対する思いが込められて
ますね・・・

カワイ sama

>一生渡ることはないかなあ

私も瀬戸ゲイがなければ行くことなかったですよ
子供の頃なら学校行事とかあるのかもしれませんが
大島は今は普通の島で そこに暮らす人々は普通の人ですから
特に観光地があるわけでもなく
飲食店があるわけでもないので
写真を撮りにっていうのもないかもしれません
小豆島や直島以外はきっとどの島もそうじゃないですかね
ただね 海が綺麗で時間がゆっくり流れてました

この葉 sama

>ハンセン病の家族も差別にあって裁判をしていましたよね?

それ知らないんですよ<(_ _)>
でも家族も勝手ですね
裁判を起こしていいのはご本人たちじゃないですか?
私なら家族も訴えます

>もののけ姫にもハンセン病の人達が描かれていて、
>ハンセン病に対する思いが込められてますね・・・

それも実は・・・( ̄‐ ̄*) 
もののけ姫は何度も見てるけど
たたら場の人のこと その時は分かってませんでした
今回の件で知りました

小さい頃に、ニュースですごい島があるんだな~と子供ながらに衝撃的でした・・・それが大人になって瀬戸内海のすごそこにあるって知ったら、また衝撃でした・・・瀬戸ゲイであっても、この島へ行ったさいこちゃんさんの行動に感服です!
自分も行きたいとは思うものの、なんて言葉がいいのか思いつかず、中途半端にもなるのが嫌でとどまったままです・・。
瀬戸内海の島々って、本当の奥が深いですね・・・。

オカンocan さま

私は特に理由もなく
作品を見に行こうと思っただけですよ
直島は好きじゃないし 小豆島はいきなり行くにはちょっとアレだし

すごいタイミングで昨日
裁判控訴しない旨のニュースがありましたが
(きっと選挙中だからに違いない)
ずっと長く続いてる問題で 私には最近知ったばかりの話だけど
今は色んな人の黒い部分が見え隠れしてる気もして考えてしまいます

普段はきっと行く理由がないので
もし行かれるなら会期中がおすすめですよ
いつもと違って外の人が多いから
島の人とはほとんどお会いすることはありませんが
何も難しいことなんてなくて
普通にあいさつすればいいんじゃないですかね(=^・^=)
他の市に住む県民とまったく同じです

子供の頃から、この病気の事は知っていました( ゚ω゚ )

昔は「らい病」と言われ国が強制隔離していたんですよね( ー`дー´)

ちゃんと治療法も見つかったのに何年も放置されてたはずです(´・д・`)

悲しい日本の出来事のひとつですね。

rossi さま

現在ならインフルエンザだと
絶対5日間は出席停止で熱がなくて元気でも家で大人しく
してなきゃダメで
それは楽しみにしてた遠足やバレンタインや
給食の冷凍プリンも台無しにしてしまう
それと同じで
まだ治療法も見つからず世の中の生活環境が悪い中だと
隔離は病気になってない人を守るために必要だったのかもしれませんが
迫害して良い理由にはなりません
何年も放置していた国にはもちろん大きな問題はありますが
迫害し続けた隣人たちにはそれ以上の罪があると私は思います
もしかするとそれは過去の悲しい出来事じゃなくて
今も続いてるのかもしれませんね

ちなみにウチの会社でインフルエンザになると
メチャクチャ忌み嫌われます(‐"‐;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |