Senta.

ダイエットを監視されたり阻止されたり、王子捕獲に励んだり、なにかと慌しいさいこちゃんの日記です。

2017-05

怪しげなお寺 (陰)

耕三寺には派手な建物ばかりではなく
本堂 ( 平等院鳳凰堂風 ) からさらに奥へ行くと
洞窟があって

    耕三寺12

      お地蔵さんがいっぱい
    耕三寺13

      閻魔大王が捌きをした先には
    耕三寺14

     地獄絵がかけられています
    耕三寺15
       あ、火車 ( かしゃ ) だ ( 左 )

     でもそんな地獄絵よりも
     耕三寺16
       なんとか如来の顔のほうが怖い


     耕三寺17
     でもこんな洞窟に こんなのどうやって造るんだろう
     ずっと上まで石仏がいっぱい


   洞窟を出た先には   耕三寺18
        やっぱり怖いよ観音さま


今日もやはりビミョーに大きくなったでしょ 
    ぶろぐ村ランキングさいこ   FC2さいこ

    人気ブログランキングさいこ   ブログラムさいこ
                               今日はまだ続く


  見上げたら怖い観音さまから歩いていくと
  なんかこんなところに石仏?
       耕三寺19
        ここにエレベーターがあって
          やっぱりお寺なんだかなんなんだか
          分からなくなるような建物群・・・


       耕三寺20
         そよ風の路とはあるものの


       耕三寺21
          微動だにしない空気
          真っ白な石に照り返す太陽
               あ。。。暑い 暑すぎる 

        一番奥にあるカフェへ行きたかっただけなんだけど
        冷たい飲み物を得るには
        照りつける太陽と戦って勝ち取らなければいけないという
        ・・・・そんな教えが仏教にあるのかどうかは知らないが
            そういうことなのか?


        耕三寺23
        ブラッドオレンジのジュースと蓮の花びらの入ったお茶


      耕三寺24  景色はイイ感じ


スポンサーサイト

コメント

今日はけっこう大きくなったーーー
たまには思い切って大きくしてください(笑)
鬼が島の洞窟を連想するような風景でした。

やはり、ブラッドという言葉の響きにはメロメロなのですね
トランシルヴァニア城のさいこちゃん、こんにちは。

最後のなんか、まるでエーゲ海からの風を感じるような窓枠ですね!
行ったこと無いけど。

こんばんは。
さいこちゃんのことだからあちらの世界に行っても
閻魔大王に毒吐きそうですね(^_^;)
洞窟を抜け出た時に現れてる観音さまはかなりレベル高いですよ(笑)
色んな意味でよいお参りが出来ましたね!?

洞窟の石仏は新しいものなんだろうけど
古そうに見えるものもあって、数の多さに
なんか怖い感じが(-_-;)
寺内にあるカフェおしゃれ~だね^^

カワイ sama

たまには大きくなったことに気づく大きさになる日もあるんですよ
ただ思いきれるほどの写真はないので
その代わり思いきってYさんのブログで
水着を披露したじゃないですか( ̄∇ ̄*)ゞ

そういや女木島の洞窟も
鬼いますよね
鬼ヶ島の鬼は虐げられた鬼だけどね
ここの鬼は強いですよ~

やすろぐ sama

よくコメディなんかで
バンパイアが血の代わりに
トマトジュース飲んでたりするけど
あれってなんか意味あるんですかね
やすろぐsanこんばんは
貧血気味なのでブラッドの響きに反応してしまいます

瀬戸内海って地中海と気候が似てるから
ついあっち方面のイメージで作りがちなのかなぁ
このあたりの特産品ってレモンでしょ
どうやらこの大理石全部イタリア産らしいですよ
小豆島なんかでも思いっきりイタリア意識してたりしますしね
ただ窓の外に見える風景は
エーゲ海界隈の白い建物ではなく超日本な民家です

ボスプル sama

私くらい心根がまっすぐな状態で毒を吐けば
閻魔様も怒る気失せますよ
これでも子供のころは閻魔さまが怖かったんですよ
今はどっちかと言えば観音さまが怖いかも
私が撮る観音さまってどれも人相悪いでしょ
ほら、小豆島の観音さまも( 悪意込めてる? )

Rin さま

お寺の建立自体は随分古いけど
洞窟はいつの時代のだろうね~
薄暗い地下はそれだけで怖い感じするもんね
ただ外に出た瞬間
あまりの暑さと観音さまの恐ろしさで
も一度地下にもぐろうかと思いました

カフェ
お寺と思えないでしょ(^ー^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad