Senta.

ダイエットを監視されたり阻止されたり、王子捕獲に励んだり、なにかと慌しいさいこちゃんの日記です。

2017-04

You can become 妖怪

こなきじじい という妖怪の名をご存知の方多いと思います
児啼爺 ← こう書きます
徳島出身の妖怪ということで
大歩危では児啼爺の像が建っていたりします
       妖怪について考える夏9 



柳田國男の 『 妖怪名彙 』 にも紹介されています

  阿波の山分の村々で、山奥に居るという怪。
  形は爺だというが赤児の啼声をする。
  或は赤児の形に化けて山中で啼いているともいうのはこしらえ話らしい。
  人が哀れに思って抱上げると俄かに重く放そうとしてもしがみ付いて離れず、
  しまいにはその人の命を取るなどと、ウブメやウバリオンと近い話になって居る。
  木屋平の村でゴギャ啼キが来るといって子供を嚇すのも、
  この児啼爺のことをいうらしい。
  ゴギャゴギャと啼いて山中をうろつく一本足の怪物といい、
  又この物が啼くと地震があるともいう。
  

大歩危の山奥にたたずむ児啼爺の姿は
妖怪名彙にはどこにも記載されておらず
水木しげるの児啼爺をモデルにしたと考えられるのですが
徳島出身の研究家多喜田昌裕さんの調査によると
木屋平村にはコナキジジという言葉は伝わっていなかった
長くなるので詳しい内容は端折るけれども
村に伝わっていたのは オギャナキ という
赤ちゃんの声がする という音の怪だけだった   

多喜田さんの研究はそこから進んで
コナキジジの報告者武田明の 『 山村語彙 』 へ
そこでコナキジジという言葉を採取した地域が
徳島の山城町ってことが判明 コナキジジという語彙も
確認できたのだけども 実は 怪異ではなかった

赤ん坊の声を真似る老人がいた

  じぃさん妖怪化現象?

   どうやらそういうおじいちゃんが実在していたらしいです
   子供を嚇かしたりそんな感じらしいです
   昔の子供ですからね 純粋なんですよ
   おじいちゃん怖かったんでしょうね
   悪いことをしたら躾につかったようです
    「 ○○のじぃちゃん来るよ 」 と
   そのおじいちゃんを知ってる地域では
   その個人名を挙げていたという

      ・・・  これはっ

友達の子供が悪いことをしたときに
 「 さいこちゃんに言いつけるよ 」 
    ・・・と脅してたのと
      まったく同じではないかっ
 ← 実話

つまり100年もすれば
丸亀城の一角に

      妖怪について考える夏10
      こんな石造が建つ日が来るのかもしれません

私なぞは見た目がラブリーなので
知らない子供はそれほど怖くないのかもしれませんが
児啼爺の里徳島県出身のこの俳優さんなら

          妖怪について考える夏11
          顔だけで子供を嚇せそうな気がします


明日の児啼爺は君かもしれない   
    ブロブ村ランキング妖怪   FC2ランキング妖怪

    人気ブログランキング妖怪   ブログラム妖怪



   とまぁ 今日の主役は児啼爺だったわけですが
   『 山村語彙 』 による報告は
   コナキヂヂ 子供の泣声を真似る怪

    ・・・・ 聞こえてくるだけの音の怪ならともかく
         人が真似てんのは怪なのかどうか

     それは昨日もお話したとおり
     見る人の捕らえ方だったんですかね 
        あぁ 怪しい人が 的な

   もしかすると 既にあなたも 
    誰かにとって妖怪になっているのかもしれませんよ


   
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad