Senta.

ダイエットを監視されたり阻止されたり、王子捕獲に励んだり、なにかと慌しいさいこちゃんの日記です。

2015-01

鬼考

 昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを、年を経てよばわたりけるを、
 辛うじて盗み出でて、いと暗きに来けり。芥川といふ河を率て行きければ、
 草の上に置きたりける露を、 「かれは何ぞ」 となむ男に問ひける。
 行く先遠く、夜も更けにければ、鬼あるところとも知らで、
 神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、あばらなる蔵に、
 女をば奥におし入れて、男、弓・やなぐひを負ひて、戸口にをり。
 はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、鬼はや一口に喰ひてけり。
 「あなや」 と言ひけれど、神鳴るさわぎに、え聞かざりけり。
 やうやう夜も明けゆくに、みれば、率て来し女もなし。
 足ずりをして泣けどもかひなし。
   白玉か何ぞと人の問ひしとき露と答へて消えなましものを


昔学校で習いましたね~
伊勢物語の6段 芥川です

先日から鬼という言葉をよく耳にするので少しだけ 

鬼が登場する文献は古くから多く見られます
地獄絵図などでは地獄の鬼たちが
皆様のご来店を心からお待ち申し上げてたりもするし
伊勢物語のようにお話に登場することも多く見られます

有名どころとしては 源氏物語の六条御息所
      鬼考1
      般若 嫉妬心から鬼に化した女
  誰もが鬼の面と聞いて一番に思い浮かべるはず

      鬼考2
        『 今昔百鬼拾遺 』 朧車
   これも六条御息所なんだけど ここまで来ると
        鬼のイメージを超えてるのかな
        ちょっと気の毒・・・

実在の人物が鬼になったといえば
      鬼考3
     讃岐院 崇徳上皇
     鬼のトレードマークの角はないけど鬼です

鬼とは人間から人間性を削ぎ落とした物と言われますが
嫉妬・怒り・恨みなど
誰もが持つ人間の心の闇の部分がグレードアップした
ある意味チョー人間的な気がする       
つまり鬼の本質にあるのは 人間そのもの

  芥川の鬼に関しては 
  当時流行った 《 鬼一口 》 と言われているけど
      鬼考4
  身分の違う女の家族が
  男の元から連れ戻してしまった
   「 くそぉ オニっ 」 っていう考え方が妥当でしょう
  権力を持った鬼に連れ去られたわけです

つまり鬼とはパンピーの持たない力を持った人
だから恐れられ鎮められ祀られ・・・

   ここからが日本人の面白いところだけど

そのパワーを分けて貰おう・・・って話になるわけですね
鬼や妖怪と神様の線引きが出来なくなるわけだ 

以前どこで聞いたのか忘れたけど 場所も忘れたけど
節分に 「 福は内 鬼も内 」 な地域があるそう
鬼のパワーを福と一緒に呼び込むためのようです

UP さん の志度の節分も面白いし

もうすぐ節分
地域で少しづつ異なる節分の行事など
考えてみると面白いかもしれませんよ


でもバナーはバレンタインなの 
    ブロブ村ランキングバレンタイン   FC2ランキングバレンタイン

    ブログラムバレンタイン   人気ブログランキングバレンタイン


   昔々は鬼と呼ばれていたものたちが
   だんだん形を変えて呼び名を変えて
     バケモノと呼ばれたり妖怪とよばれたり
     いつしか多種多様な鬼が登場するようになります

   鳥山石燕の絵で 鬼とつくもの 
     名前が違っても 鬼を表したもの こんなに
        鬼考5
           クリックすると大きくなるよ
          《黒塚》《元興寺》《牛鬼》《酒顛童子》
          《陰摩羅鬼》《百々目鬼》《燈台鬼》《栄螺鬼》    
             まだまだある


  そして現代でも鬼は創造されつづけます
   水嶋 san のところで紹介されてた おに展 →   
      すごく面白そうです
    地図はUP さん のブログに掲載されてますよ →  
       2月7日まで開催中
        お近くの方はぜひ



              クリック募金にご協力ください
              募金バナー
  
     バナークリックでサイトに飛ばない方はコチラから
        http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html


           寒い寒い週末 温かくしてお出かけください

スポンサーサイト

 | HOME |  »