FC2ブログ

Senta.

王子を捕獲する前に女王様化してしまったさいこちゃん いや、さいこ様とお呼び

2011-05

もう一回 鬼門について考えてみよう

前回の鬼門のお話で

  江戸の鬼門は守られてなかったんだ~
  鬼入って来放題じゃん 

      とショックを受けられた方もいるかもしれない


陰陽道も風水もそれ程気にしない人でも
鬼門だけは知ってたりするし
やっぱり鬼門はなんとかしたいですよね~


本丸から東北45度に向かって真っ直ぐ線を引いていく
線上にいくつか寺社はあるものの
主力になりそうなものは見つからない

裏鬼門に向かって南西45度の方角に真っ直ぐ線を引く
日枝神社を通って真っ直ぐ
やっぱりめぼしい寺社は見つからない


仕方ない 文献に頼ろう 

『 大江戸魔方陣(加門七海著) 』 に 
鬼門ライン なるものが 登場する

本丸から東北45度で終点を堀切3丁目の天租神社とするライン
本丸から南西45度の終点を碑文谷6丁目の厳島神社とするライン

その中にいくつかの寺社がある
そしてその終点から本丸までの距離が等しいという

   結界や守護ラインを造る場合
   その距離や形はとても重要なもの
   同じ直線上にあり中心となるものからの距離が等しい
   何か意味があるととらえてもおかしくはない

鬼門レイラインによる守護



問題はその内容

   鬼門方向は上から

    天租神社 葛飾区堀切3丁目
         1560年建立と推定される 
         1449年千葉氏による勧請という説もある
    
    日枝神社 台東区西浅草3丁目
         家康の江戸入りのとき日本橋に作られ 
         明暦の大火の後現在の地へ移転

    矢先稲荷神社 台東区松が谷2丁目
         1642年家光により勧請

   裏鬼門方向は下から本丸に向かって

    厳島神社 目黒区碑文谷6丁目
         戦国時代創建

    日枝神社 千代田区永田町2丁目
         道灌による築城時に勧請
         秀忠により城内から現在地へ移転



加門氏によれば 裏鬼門ライン上にこのほか
  恵比寿神社 渋谷区恵比寿4丁目
  正覚寺 目黒区中目黒3丁目 などが書かれているけど
     
     この恵比寿神社は恵比寿ガーデンプレイス内にあって
     サッポロビール恵比寿工場内に作られた割と新しいもの

     正覚寺は1619年に日栄上人によって建てられた
     イマイチ関係なさそう

さらに加門氏はこのラインの終点と寛永寺や浅草寺を結ぶラインで
鬼門を守護するものを形成するとしてるけど
   ・・・・ちょっとムリがある気がする


例えば家康が昔から江戸に鎮座する将門様同様
過去の江戸の統治者が建てた神社を利用したと考えると

  偶然か必然か 東北45度線上にある先人の神社
  その中央に本丸を置いたとすれば?

  新しいもので弾圧するより
  古からそこに鎮座する神と上手くやっていったほうが
  上手くいくに決まってる

  長宗我部の民の中へ新しく入った土佐の統治者
  山内氏はその弾圧と統制に苦労し
  260年の間 その溝は埋まることがなかった


だから古くから江戸に鎮座する2つの神社によろしくね とお願いし
更に裏鬼門を強化すべく道灌の日枝神社を置き独自の守りを作る
鬼門方向にも神社を置く

祭神に統一性もなく
個体では若干効力は弱いかもしれないけど
等分線のレイラインを描くことで強化されるだろうし
鬼門ラインが少しくらい弱くても
ほかに何重にも守護する手立てがあったとすれば?



もっと強い鬼門守護があるとすれば
別にこのくらいでもいけそうな気がしてきた


    それにしても
    いろんな説や本にここまでイチャモンをつけるなんて
    ほとんどクレーマーよね 私 
    


ブログランキングに参加しています
 ぶろぐ村ランキング江戸   FC2ランキング江戸    人気ブログランキング江戸    ブログラム江戸
                    プチプチっと応援してやってください


  今日の文章長かったね~
  最後まで読んでいただけたかしら

     私なら読まないな 
        だって誤字の確認すら途中でイヤになっちゃったもん
             てか やめちゃった             




  ただね 天海 鬼門をないがしろにしてたわけじゃありません


  「 水戸藩より世継ぎ(将軍)を迎える時、徳川家は終焉する 」
      ( 水戸は江戸の鬼門方向にある ) って言い続けてたしね
    
       ホントにそうなっちゃったし・・・


スポンサーサイト



 | HOME |