FC2ブログ

Senta.

王子を捕獲する前に女王様化してしまったさいこちゃん いや、さいこ様とお呼び

2020-02

噂の真相

ムダに長い月日をかけて考え
やっと辿り着いた先が

  天海は嘘つき 


ナメてんのかい  と言われそうだけど
そう仮定すると 「 なるほど 」って思うことが増えてくる


   虎の方向じゃない虎ノ門
   いくつもある鬼門守護といわれる寺院


よくよく考えてみれば 騙すのなんて簡単
そもそも陰陽道は 平安時代に陰陽寮が作られて以来
国家機密のものだった
だから庶民が正しく陰陽道や風水なんて理解していない
しかも読み書きすら出来ない人が多い時代
いくら綿密な天文知識で正確な方位を探り出すことが出来ても
一般人にとっては なんとなく東や西がわかるくらい

    権力者が 「 こっちが西 」 と言ってしまえば
           そこが西になる



同様に 風水都市である京の町を再現しました
    だから江戸もバッチリですよ
      ほら 東の比叡山 ・・・ 比叡山
         清水観音 弁天堂 五重塔

         ね 同じでしょ~~~

   江戸の京都


            って同じじゃねえし 
     京都にあるものを1箇所に集める意味がわかんない

      でも 何も知らなければ 「 なるほど~ 」 って思う



だからはっきりとは口にしないけど
  小田原口門を不浄門と装って
  その延長線上にある増上寺を徳川の菩提寺とする

  「 鬼門を守護してるのかも? 」 って噂
  千鳥が淵って鳥の形してるし
  「 朱雀の方角なんじゃない? じゃやっぱり
    鬼門てこっちじゃない? 」 って
  

全然はっきりとは口にしないけど
  なんか 鬼門っぽい方角に天海が立てた寛永寺が
  こっちに平川門っていう不浄門が出来たし
  京都っぽいし 「 鬼門守護してるんじゃない? 」 って噂




町中が鬼門を信じて
本来の鬼門から目をそらさせる

さらに いくら嘘でも
世論がそうなるにつれて 真実になることもある
言葉の力 信じる力
両寺がなんらかの力をもつ可能性もある
        なんだかすごく日本人的思考


そして江戸はこうして鬼門を守られていると思わせる

    
でも天海や家康が江戸を守ってもらおうとしたのは
鬼門守護のお寺なんかじゃない

     北に輝く8つの星 

           そしてアノお方

           江戸の救世主


なんか すごく自信がある

   裏づけのない自信を持たせたら右に出るものはない

       でもそれでは許してもらえないと思うから
       次週から立証していこうと思います


ブログランキングに参加しています
 ぶろぐ村ランキング江戸   FC2ランキング江戸    人気ブログランキング江戸    ブログラム江戸
                           それにしても ムダに引っ張るよね




  なんで 偽鬼門が小田原口門方面から平川門に移ったか?
   
    それは アレよ 
    秀忠と家光が仲が悪かったから 






嘘つきは江戸のはじまり

ずっと考えてもわからなかったことが
朝起きたらなんかスッキリ解決してるとか

昨日どんなに頑張っても弾けなかったところが
朝起きて鍵盤に向かうとすんなり弾けたとか

そんな経験ってありません?

人間の脳ってよく出来ていて
眠ってる間に いろいろ考えてたことを
ちゃ~んと整理してくれるんだとか

    さいこの脳内 こんな風に


   私達が眠ってる間も 脳はず~っと働いてるんです
   だから仕事中 決してだらけてるわけじゃないんです
   脳内で整理してるトコロ
   ちゃ~~~~んと働いてるんだよ 


江戸に関しても同じことが言えるらしい
1年と何ヶ月も 「 んんんんん  」 と悩み続け 
あちこちで脱線して また考えて 
他ごとをしてみたり また本を調べてみたり
遊び呆けてみたり

そんなある日 お昼ごはんを食べようとお湯を沸かしていたら
頭に浮かんでくる言葉たち
それをとりあえずその辺の紙に書き記す

   まるで閃いたときのガリレオのよう
   この感じで大河まで突き進むのかぁ?

     江戸の北斗七星 北にある東照宮 螺旋状の町
     江戸の町の始点 首塚 町の中心
     首塚の鬼門 浅草寺 怪しい坊主 陰陽道
     北斗七星に象徴される神様
     天台宗 ウソの鬼門・・・
  

ここで解ければガリレオだったけれど
そんなに簡単にガリレオになれるなら
映画化も大河も絶対無いもんね

     でも 何か見えてきそう

とりあえず沸かしてたお湯は人に任せ
メモをじ~~~~っと見る

     首塚から始まる町 江戸の中心は首塚?
     浅草寺ってご本尊は観音様だけど宗派は?

     ウソの鬼門  胡散臭い天海
     あっちこっちに鬼門鬼門ってウソばっか 
     嘘嘘嘘嘘嘘・・・・

    そうだ 全部嘘なんだ   


ここまで長い文章を書き続け
  「 江戸の風水とか鬼門守護とか 
       み~んなウソだったのよ 」 では許されないよね


でも天海が嘘つきだということを前提に考えれば
いろんな事が見え始めてくる

      週刊 『 江戸の霊的守護 』
           いよいよクライマックスへ
     

              って言うほど盛り上がらないと思うけどね

 
ブログランキングに参加しています
 ぶろぐ村ランキング江戸   FC2ランキング江戸    人気ブログランキング江戸    ブログラム江戸
            やはり江戸はクソ坊主と狸親父によって守られていたんだよ 



   江戸に関係ないけど
   
   さいこの脳内状況 けっこう当たってると思いません?
   
   一昔前に流行ったうそこメーカーですが
   私 大好きで今でも利用 ( ? ) しています
   どんどん新しいものが出てるし

   そして今お気に入りなのは

       悪魔祓いメーカー 

     ちなみに私にはこんな悪魔が

  さいこに憑いてる悪魔 憑き合ったって・・・


  どの霊も同じですが
  味方につけるとすごく心強いけれど
  怒らしちゃうとその報復はとんでもないので
  天海や家康のように上手に憑き合ってくださいね

        悪霊ほど御加護のパワーも強力です



  
     

お星が光るピカピカ~♪

このふんぞり返ったシルエット だ~れだ

 北斗の男1  トゥ~ス 
    あ~ あの人





   胸に七つの傷がある人


 北斗の男2  2週続けてこういう始まり方
                        やめとこうよ・・・ 


さて マジメなお話をしましょうか


将門様登場の記事を覚えてらっしゃいますでしょうか

将門公遺跡と江戸の都市計画構成地図
    こんな図があったの 思い出しました?
    今回はこのグルグル渦巻く堀ではなく
    その周りにある 将門様を祀る神社を見ていこうと思います


  これらの神社の配置よく見てくださいね
  何かに見えてきます

将門公遺跡と江戸の都市計画構成地図2
    ちょっと足りないけど アレに似てるでしょ



 江戸に浮かぶ北斗七星 


  北辰信仰っていうのをご存知でしょうか
  北辰・・・北極星  のこと
  キリスト教でもイエス様がお生まれになったとき
  博士達は北の空に光る一つ星に導かれ
  イエス様のところに辿り着きます


  それは関係ないけれど
  北極星に対する信仰は世界のいたるところで見られます

  天海の説く山王一実神道も星辰信仰を重視した
  天台宗の流れをくむもの

  将門公と関わりの深い妙見菩薩は北極星を神格化した神で
  北斗七星まで含まれて解釈されてりもする
  はじめは北極星のみが信仰対象だったのが後に混同し
  近世くらいから妙見菩薩は北斗七星とみなされるようになったとか
  ・・・日本的なアバウトさ 

  日本の宗教のややこしいトコロで
  ある神様とある神様が同一化されてたり
  その神様はまた他の仏様と同じだとされたり

  しかもとんでもない数の神様がいるから
  変なところでつながったりしてる

  そんな感じで実は江戸って
  妙見菩薩とかかわりのある仏様や神様が多く祀られている
 
  妙見菩薩・・・将門様とも関わりの深い仏様でもある
  
  将門様も熱心に信仰していた
        長くなるからココ見てください → 『 源平闘諍録 』



北斗七星・・・北斗七星・・・・・北斗の拳 ( 違う )


なんだかんだ言っても↑のじゃ6個しかないわけだし
ちょっと探してみる


東京には将門様に関係する寺社っていくつかあるんだけど
その中でこの北斗七星もどきのライン付近で気になるのは


 水稲荷神社 ( 新宿区西早稲田 ) と 鬼王神社 ( 新宿区歌舞伎町 )


星辰信仰と将門信仰による守護1

     場所的にちょうど良い水稲荷神社
     現在はこの点のところより西へ行ったところに鎮座しているけど
     江戸時代はだいたいこの辺にあったらしい

     ただこの神社は将門様調伏の神社で
     源経基はこの稲荷の信託によって将門様を滅ぼしたとか


     
     鬼王神社 
     こっちでも位置的に問題なさそう
     この神社の正式名称は 単に 『 稲荷神社 』 だそう
     そして将門様の霊を祀っていて
     鬼王とは将門様の幼名 「 外部鬼王 」 からきているとか
     ただ神社の説明には一切記載されていないらしい


将門様の北斗七星もどきの神社を始点からもう一度確認

     鳥越神社
     兜神社
     首塚
     神田神社
     築土八幡神社
     水稲荷神社 ( 将門様調伏 )
     鎧神社


これでも良さそうだけど 信じきれる決め手がない
しかも将門様調伏の神社が入ってるわけだし
なんかな~

こんどは北斗七星についてちょっと考える

 北斗七星をよ~~~く見ると
 第6星に寄り添うように小さな星があります

北斗七星
    たぶん星空をよ~~~く見ても
    肉眼じゃ見えないと思うけど

     北斗七星2  クローズUP

    この星は北斗第6星の補星とも言われる
    つまり第6星の力を補う

      ・・・・・・水稲荷神社の補星?
      
      幼少の将門様、鬼王神社 

 しかもこの補星は摩多羅神 妙見菩薩の化身と解釈される

       あ~ややこしい 
       将門様と妙見菩薩がごちゃ混ぜじゃん

  

ここでやっと見えてきた北斗七星だけど
将門様を祀る一方で 将門様を調伏している風もある
祀りながら抑える

つまり
  将門様に守ってもらう
  でも将門様が力を持ちすぎてもダメなんだ
  

だから将門様の北斗七星をあえて調伏の神社を分断し
補星によって力を補う

そうよ 小学校のとき社会の時間に聞いたよ

  百姓は生かさぬよう殺さぬよう

    まったく同じ
    家康は将門様さえ生かさぬよう殺さぬよう だったんじゃ?


長い文章 読みつかれたと思われるところに
トドメを刺す



   もう一度上の地図見て~~~
        学校の授業ならブーイングの嵐だね


     津久戸神社を築土八幡に書き換えてるのわかります?
     元々津久戸神社 どうやらはじめは別の場所にあったらしい
     それを1616年築土八幡の隣りへ遷座させている
     なぜ妙見系の八幡神社のとなりに? 
     そして更に現在は津久戸神社はなくなり
     将門様は築土八幡神社で合祀されている
     この遷座の年は家康が亡くなった年と同じ

     ちなみに神田神社が首塚から遷座されたのは1612年
     この二つの神社が移動することによって
     北斗七星が完成する


  この北斗七星
  やっぱり意図的に配置されてると思いません?



ブログランキングに参加しています
 ぶろぐ村ランキング江戸   FC2ランキング江戸    人気ブログランキング江戸    ブログラム江戸
          コナン君をライバル視する迷探偵さいこ 
               2時間サスペンスで犯人を当てたことがありません
               だいたい10時35分くらいにわかる




  地図に線を引きまくってるとね
  このラインが気になって仕方がない  

星辰信仰と将門信仰による守護2
   
      首塚からだいたい鬼門の方角 じゃなく
      まさに東北45°線上に 
      鬼門守護疑惑の浅草寺が

      これはいったい・・・・・ 


Mi chiamo 天海 . Piacere di conoscerLa.

覚えてらっしゃいますか
このカテゴリの予告


         忘れちゃった~という方のために
         もう一度 

    予告

こうして家康はに悟空に天ちゃんを紹介されるわけですが
   (  史実かどうかは未だ謎です )

紹介された天ちゃんって誰?
悟空が紹介する 天ちゃんと言えば

    天下一武道会でしか活躍しない アレ?
    あの 頭ツルツルの?

    ツルツルはクリリンじゃね?

    いや もう一人いるよ 使えねぇのが

    あ~ でもヤムチャよかマシじゃね?
 
   

     天津飯とヤムチャ
        限りなくどっちでもいい 


悟空が紹介してくれたのは ( ←信じないように )

  南光坊天海     慈眼大師肖像画(本覚院蔵)
 
さいこから 「 クソ坊主 」 の称号を得た天海
この天海がいなければ 江戸の町を語ることはできません


  じゃ 天海って誰よ ってはなし

  ぶっちゃけ わかりません
  とにかく謎が多くて 調べれば調べるほどわからない
  

    智楽院とも呼ばれる大僧正
    諡号は慈眼大師
    天台宗の僧侶で山王一実神道を唱える
    1603年に登用され家康の側近として
    主に宗教政策に携わり家康没後も秀忠・家光と
    三代にわたり徳川家に使え生涯を江戸守護に捧げる
    鬼門守護疑惑の寛永寺を建立したのも天海
    大坂の役の発端となった
      方広寺鐘銘事件にも関わっているという



ここまでわかっていて何が謎かというと
出生や家康と出会うまでのことに謎が多い

  蘆名氏の出自で陸奥国に生まれたとされる説もあれば
  足利将軍落胤説もある
  実は逃げて生き延びた明智光秀という説もある
  生年もはっきりしていない
  家康との出会いは1590年
  無量寿北院の住職の代理で謁見した時とされるけど


     ・・・ホントかなぁ
         家康が天海を選んだポイント
            なんだったんだろう
               納豆談義だけじゃない気がする
                  何かありそう


  家康の一大事には何時如何なる場所にいようとも
  すぐに駆けつける
  家康の事であれば 自ら率先して動き
  老体でありながら自分の体も厭わない


  僧侶としての地位と名誉と
  幕府の中で権力は手にしたけど
  その権力を私欲の為に使ってたとは思えない


  ケンsanの恩師 宮元健次先生の著書を読むと
  すごく優れた人格者でユーモアと慈愛に満ちた僧である反面
  皇族に対する仕打ちはとんでもない非道とも思える

  幕府と徳川家を守ることに関しては
  なんでもする

     ・・・・なぜそこまで?
    

そこはよくわからないけれど
徳川家を支え安泰な世の中を作ろうとしたこと
それとヤムチャや天津飯よりよっぽど使えるということは
どうやら確かなようです



ブログランキングに参加しています
 ぶろぐ村ランキング江戸   FC2ランキング江戸    人気ブログランキング江戸    ブログラム江戸
                           読みつかれついでにプチプチ 



  小学校、中学校、高校と日本史で江戸時代を習うとき
  出てくる将軍
    家康 次は三代家光


     あれ  二代目とばしてるよ


  ホントにどいつもこいつも二代目を蔑ろにして
   ルパンも 金田一君も
    「 じっちゃんの名にかけて 」 だと?
     祖父ちゃん祖父ちゃん言いやがって
     父ちゃんはどうした 



 徳川二代将軍 秀忠
          秀忠


    現在低視聴率で頑張ってる大河ドラマ 『 江 』 のだんな様
    関が原の合戦に真田軍に食止められ
    戦地へ間に合わず家康に叱られたという不名誉な逸話の残る秀忠

    でも実はなかなか優れた将軍でもあった
    家康は将軍職を2年で秀忠に譲り
    実権を握りつつも隠居
    そんな家康を補佐し
    江戸を機能的な町へ そして幕府の基盤を作ったのも秀忠
    秀忠も家康同様隠居し存命中に将軍職を譲りながらも
    実権を持ち続けます

    もっと評価されても良い人物なんですよね





 徳川三代将軍 家光
            家光

      
    幕府の在り方が確立したのはほぼこの時代だけど
    この人は先代や先々代のように自分で決めるということもせず
    人任せだったようです

    生まれながらの将軍 つまり所詮ボンボンです
    どこぞの二世議員を思い出すなぁ


    ただこの人
    ルパンや金田一少年以上にお祖父ちゃんを崇拝していた
    そして両親とは仲が悪かった
    それも乳母春日局が家光の実母江を殺害したと言われるほど
    

    家康の遺言通り建てられた日光東照宮を
    豪華絢爛な東照宮に造り替え
    徳川の菩提寺増上寺には入らず
    自ら家康廟を守る形で日光に眠ることを選ぶ


これほど仲の悪かった親子だけど
二人とも家康を尊敬し 天海に絶対的信頼を寄せていた


      天海ってホントにどういう人だったんでしょうね~




もう一回 鬼門について考えてみよう

前回の鬼門のお話で

  江戸の鬼門は守られてなかったんだ~
  鬼入って来放題じゃん 

      とショックを受けられた方もいるかもしれない


陰陽道も風水もそれ程気にしない人でも
鬼門だけは知ってたりするし
やっぱり鬼門はなんとかしたいですよね~


本丸から東北45度に向かって真っ直ぐ線を引いていく
線上にいくつか寺社はあるものの
主力になりそうなものは見つからない

裏鬼門に向かって南西45度の方角に真っ直ぐ線を引く
日枝神社を通って真っ直ぐ
やっぱりめぼしい寺社は見つからない


仕方ない 文献に頼ろう 

『 大江戸魔方陣(加門七海著) 』 に 
鬼門ライン なるものが 登場する

本丸から東北45度で終点を堀切3丁目の天租神社とするライン
本丸から南西45度の終点を碑文谷6丁目の厳島神社とするライン

その中にいくつかの寺社がある
そしてその終点から本丸までの距離が等しいという

   結界や守護ラインを造る場合
   その距離や形はとても重要なもの
   同じ直線上にあり中心となるものからの距離が等しい
   何か意味があるととらえてもおかしくはない

鬼門レイラインによる守護



問題はその内容

   鬼門方向は上から

    天租神社 葛飾区堀切3丁目
         1560年建立と推定される 
         1449年千葉氏による勧請という説もある
    
    日枝神社 台東区西浅草3丁目
         家康の江戸入りのとき日本橋に作られ 
         明暦の大火の後現在の地へ移転

    矢先稲荷神社 台東区松が谷2丁目
         1642年家光により勧請

   裏鬼門方向は下から本丸に向かって

    厳島神社 目黒区碑文谷6丁目
         戦国時代創建

    日枝神社 千代田区永田町2丁目
         道灌による築城時に勧請
         秀忠により城内から現在地へ移転



加門氏によれば 裏鬼門ライン上にこのほか
  恵比寿神社 渋谷区恵比寿4丁目
  正覚寺 目黒区中目黒3丁目 などが書かれているけど
     
     この恵比寿神社は恵比寿ガーデンプレイス内にあって
     サッポロビール恵比寿工場内に作られた割と新しいもの

     正覚寺は1619年に日栄上人によって建てられた
     イマイチ関係なさそう

さらに加門氏はこのラインの終点と寛永寺や浅草寺を結ぶラインで
鬼門を守護するものを形成するとしてるけど
   ・・・・ちょっとムリがある気がする


例えば家康が昔から江戸に鎮座する将門様同様
過去の江戸の統治者が建てた神社を利用したと考えると

  偶然か必然か 東北45度線上にある先人の神社
  その中央に本丸を置いたとすれば?

  新しいもので弾圧するより
  古からそこに鎮座する神と上手くやっていったほうが
  上手くいくに決まってる

  長宗我部の民の中へ新しく入った土佐の統治者
  山内氏はその弾圧と統制に苦労し
  260年の間 その溝は埋まることがなかった


だから古くから江戸に鎮座する2つの神社によろしくね とお願いし
更に裏鬼門を強化すべく道灌の日枝神社を置き独自の守りを作る
鬼門方向にも神社を置く

祭神に統一性もなく
個体では若干効力は弱いかもしれないけど
等分線のレイラインを描くことで強化されるだろうし
鬼門ラインが少しくらい弱くても
ほかに何重にも守護する手立てがあったとすれば?



もっと強い鬼門守護があるとすれば
別にこのくらいでもいけそうな気がしてきた


    それにしても
    いろんな説や本にここまでイチャモンをつけるなんて
    ほとんどクレーマーよね 私 
    


ブログランキングに参加しています
 ぶろぐ村ランキング江戸   FC2ランキング江戸    人気ブログランキング江戸    ブログラム江戸
                    プチプチっと応援してやってください


  今日の文章長かったね~
  最後まで読んでいただけたかしら

     私なら読まないな 
        だって誤字の確認すら途中でイヤになっちゃったもん
             てか やめちゃった             




  ただね 天海 鬼門をないがしろにしてたわけじゃありません


  「 水戸藩より世継ぎ(将軍)を迎える時、徳川家は終焉する 」
      ( 水戸は江戸の鬼門方向にある ) って言い続けてたしね
    
       ホントにそうなっちゃったし・・・


«  | HOME |  »